Home

SEO対策 検索エンジン最適化とプログラムのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

CPANの再設定

cpan> o conf init


自分が使っているPCに入っているCPANの調子が悪い。再設定を行った。

Google Japanのページランクが9から5に

Google Japanのページランクが9から5に大幅下落

ページランクが変動したのは間違いないように見える。では一体、何が理由なのだろうか。

Googleでは「確認に時間が必要」(同社広報)としている。


Googleの人達でも理由がすぐには分からないんだ?と思えば、とても興味深いお話ですよね。

私の仮説ですが、アクセス数などをページランクに反映しているとしたら、日本ではGoogleを使用している人が少ないから下がったんじゃないかと思います。

以前もここで触れた事がありますが、私はそれなりにトラフィックのあるサイトを運営していたことがあるのですが、そこでは大半はヤフーで検索して訪問してきた人達がとても多かったです。例えばヤフーが100ならグーグルは10くらいですね。運営していたサイトの主要なキーワードで検索をかけると、両検索エンジンでどちらも上位にランクインはしていたので、差はけっこうあるなと感じていました。

私はGoogleの方をよく利用するので、そんなにみんなはヤフーを使っているのか?とも思うんですが、周囲を見ているとヤフーの方がよく使われているんだろうなぁとも思います。

Matt Cuttsさんの今後の発言や、グーグルの発表が気になるところです。

ページランクの偽装チェックツール

pagerank39

pagerank39

高PRのサイトにリダイレクトし対象ドメインを高PRと認識させる手法でページランクを偽装しているかチェックすることが可能です。


ページランクの偽装チェックツールを発見したのでご紹介。SEO対策を視野に入れた、相互リンク先を探している時に、どうしてこのサイトのPRがこんなに高いんだろう?と思ってしまうサイトもあると思います。そんな時に利用してみるといいかもしれませんね。

SEO的なフッターリンクの考察

  • 2009-01-23 (Fri)
  • SEO

フッターリンクの使われ方

  1. 関連サイトの紹介 ナビゲーション的な使われ方
  2. 資産の有効活用
  3. 被リンク数が増えることによるSEO的な効果に期待

大まかにまとめると上記のようになるのではないかと思います。1、2については、サイトをたくさん運営していたら、当然視野に入る事で、フッターにリンクが列挙されているのも必然的な結果としてリンクが張られていくと思います。しかし、1つ注意しなければいけない点は3の被リンク数が増えることをはじめ、SEO的な観点なんでしょう。

それぞれの記事を読んでみると、あまりリンクが張られていても、そこまで効果が期待できないと書かれてあります。これはすごく分かります。昔であれば、コンテンツの本文はどこからどこまでといったものを自動で抽出するのが難しかったのですが、最近ではサイトの構造が明確になっていたり、簡単にWEB上のデータをスクレイピングできるプログラムもあったりするわけで、本来のコンテンツである本文がどれだっていうのが、コンピューターも分かりやすくなってきています。そう考えるとフッターリンクの扱いというのは、本文扱いされない分は、当然低くなりますよね。

さらにサイトの概要を示すようなキーワードとその関連キーワードというのも、検索エンジン側が用意できたり、自動で関連付けることができると思いますので、あまり関係のないサイトを列挙してもやはり関係のないものとして扱われることになります。

個人的にはどっちを取るか?だと思いました。SEO的なことは無視し、既存の資産を有効活用するという意味でリンクを列挙するか、SEO的な考慮をしながら、ユーザーにナビゲートできる仕組みを用意するか。おそらく後者のやり方が正しいとは思うのですが、その仕組みを作ったりするのにもコストがかかりそうので、一概にどっちがいいとも言えないものかもしれません。

余談ですが、これはサイドバーのリンクにも同じような事が言えるとは思います。

Yahoo!インデックスが更新

Yahoo!検索において、Yahoo! inc.が開発しているウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology (YST)」のインデックスのフルアップデートを開始しました。


Yahoo!検索 スタッフブログによると、ヤフーのインデックスが更新されたみたいです。順位の変動も起こるみたいなので、サイト運営者は一度チェックしておくのがよさそうですね。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
etc
  • track feed SEO対策
  • SEO対策
フィードメーター - SEO対策 検索エンジン最適化とプログラムのお話

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。